FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010 ひょうたんランプ展 

ひょうたんランプ展、始まりました。

DSC01657.jpg

思えばギャラリーありでのひょうたんランプ展も10回目、ということは10年目。作家の雅代さん、サカ君とも長いお付き合いです。2人に会えるのも、この時期のお楽しみです。

今回の展示会のタイトルは、インドネシア語で「Oleh Oleh Dari Cwrita」(オレ オレ ダリ チュリタ)。”物語の贈り物”という意味です。

作者のサカ君は、バリ島の山岳地の村、「ティンガル サリ」出身です。
のどかな中にも、1年に3回のお米の収穫、コーヒー、チュンケの収穫、それに加え、バリのヒンドゥー教のお祭りの準備など、村の暮らしはたくさんの仕事があって大忙しです。
そんな村の暮らしで、サカ君が楽しく思い出すのは、夜、眠る前におじいさんがしてくれたおはなしです。
それは、代々伝わってきた古いお話もあれば、おじいさんが即興でつくってくれたお話もあったそうです。
そんな物語を思い出しながら、ひょうたんランプに模様を刻んでいます。(うなぎや、赤たまねぎと白にんにく、黒いニワトリ母さんのお話などなど・・・。楽しい世界が広がっています。)

DSC01659.jpg

雅代さんは、自分の中にたくさんの素敵な物語を持っている人。日々の小さな出来事の中から幸せのカケラをたくさんひろって大切に宝箱に入れているような人です。
それらを繋ぎ合わせた物語の風景をひょうたんランプに溶け込ませています。

DSC01660.jpg

DSC01653.jpg

どうぞ、やさしくて、あたたかい灯りを見にいらしてください。

11月8日までやってます。(10月26、27お休みです。)
スポンサーサイト

[2010/10/15 18:28] 個展のこと | TB(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。